黄金だしの作り方とふりかけの作り方

だし用乾燥昆布の表面を濡れ布巾で優しく拭き、表面の汚れを落とします。
鍋に水1Lと昆布10g~20g程度入れ、30分~1時間ほど昆布を浸けておきます。
その鍋に火を付けて加熱します。沸騰する直前に昆布を取り出します。
そこに鰹節15~30gを加え、20~30秒煮出しながら灰汁を取ります。
そしてすぐ火をとめます。
ざるや漉し器に布巾や厚手のキッチンペーパーを重ね、鍋の中身を漉します。
上手くだしがとれていれば黄金のきれいなだしになります。
このだしに料理に合わせて醤油、酒、みりんを1:1:1の等量ずつ入れ味を調えるとそばつゆや肉じゃがになど何でも使える万能のだしになります。
そして、だしをとった後の昆布を細かく刻み、鰹節は水気のあるまま鍋に入れます。
そこに酒大さじ2、醤油大さじ2、みりん大さじ2を入れて水気がなくなるまで煮つめていきます。
水気がなくなり乾いてきたら白ごまを振り入れて少し乾煎りすれば美味しいふりかけができます。